« 零式艦上戦闘機21型(タミヤ)を作ろう | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 5 »

2012年5月20日 (日)

蒸気機関車「D51」を作ろう 5

しばらく製作が滞っていましたが、なんとか目途がついたので始めようと思います。

Cimg7089

こんなに製作がストップしたのは理由があります。13号からシリンダー部の作成になるのですが実物に比べ模型の方が簡素化と言うか、デティールが納得いかなくて・・・ (||li`ω゚∞)

シリンダーと言えば自動車でいえばエンジンと一緒だから見た目だけでもしっかり作りたいので部品がある程度揃うのを待ってました。

Photo

赤枠部分です。

自分の街でも「D51」の本物が展示してある公園がありまして、この前、見学に行って来ました。資料用の写真が欲しかったからです。

Img_0520

Img_0521 問題の部分です。
まず蒸気室カバーと言う部品から・・・ ヽ(´▽`)/

Cimg7052

まずとんがり帽子のモッコリ表現を出すために近所のホームセンターを物色したところ「波板用ワッシャー」なるものを発見、ちょっと加工はしましたが、バッチリ合うんじゃな~い
(*゚▽゚)ノ 後はボルトの表現なんだけど、これに決めました。

Cimg7056
ウェーブ・オプションシステムの NEW R・リベット「角」って言う商品でプラモ用のデティールアップパーツです。\315

Cimg7057
う~ん、かっこいい  (・∀・)これで塗装すれもっと良くなるよ

Cimg7055
スライドバーの加工、パーティングラインをヤスリで研磨します。下が研磨前、上が研磨完了品 (゚ー゚)

Cimg7076
マスキングしてつや消しの赤でラインの塗装して完成・・・ヽ(´▽`)/

続けて15~17号を作ります
その前に、17号でシリンダーの側板が来ましたが・・・・

Cimg7063

この目立つ場所にプラスネジは無いでしょう 凸(`Д´メ)
はい、ハンダで埋めちゃいましょう。   ヽ( )`ε´( )ノ

Cimg7064

まず内側をハンダで接着、熱による歪みを防ぐため、ネジは付けたままでネジを避けるようにハンダ付けします。

Cimg7067
その後ネジを外して裏、表から冷えた時の引けを考えて盛り付けます。ヤケドに注意だよ
( ̄◆ ̄;)
後はヤスリで削って仕上げに#600~#1000までのサンドペーパーでキレイにヤスリ痕を消します。

Cimg7070
しかしここまで組んじゃうと今度はシャーシに乗りませんのでこの楕円形のスジ彫りの中にドライバーを入れる穴をあけまして、両側です・・・シャーシから缶台を外し先にこのシリンダーカバーに缶台を付けてから

Cimg7073
開けたドライバー穴から缶台とシャーシにネジ止めします。
このドライバー穴はこの後、点検蓋と言うパーツで塞ぎますので問題はありません。
ドレインコックなどの小物部品を付けます。

Cimg7074

Cimg7080

部品の接着面はできるだけキレイにしましょう、ピン痕やバリ、パーティングラインはヤスリで研磨します。

Cimg7083
クロスヘッドを組み立てます

Cimg7084

実物機と同じようにボルトで締め付けます。

Cimg7086

ピストン棒を付けてスライドバーに通して完成です。

Cimg7087
おお!機関車らしくなってきたぞ! ヽ(´▽`)/

« 零式艦上戦闘機21型(タミヤ)を作ろう | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 5 »

蒸気機関車「D51」を作る デアゴスティーニ」カテゴリの記事

コメント

おぉ、やられていますね!!
ここまで参考にして頂ければ自分としても、アップした甲斐があります。
今後の改造記事もお楽しみに^^;

kinkinさんこんにちは(゚▽゚*)
師匠からのコメントいただくとはまことに光栄であります。kinkinさんの惜しまないアイデアの放出にはとても感謝しております。これからも宜しくご指導お願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車「D51」を作ろう 5:

« 零式艦上戦闘機21型(タミヤ)を作ろう | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 5 »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31