« 蒸気機関車「D51」を作ろう 17 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 16(おまけ) »

2012年11月 3日 (土)

R35 GT-Rを作ろう 16

さて、前回は37号のマフラーパーツに不具合があり製作途中で37号の完成を断念せざるおえなくなり、それ以降パーツの到着を待つしかない状態でした。

Dscf0590

やっと詫び状とともに改善パーツが届きました。

Dscf0591
不良パーツと比べると・・・ひどく歪んでいるのがわかりますね、左が今回送られてきたパーツです。確認がてら仮に組んでみてもなんの抵抗もなく組まれました。(゚▽゚*)

ひとつ文句を言うとすれば・・・

Dscf0592
パーティングラインが相変わらずひどいなぁ、型の精度が悪いんじゃないの?ちょっと我慢できないので修正入れます。

Dscf0593
当然、塗装ボロボロなので似た色でタッチアップです。Mr.collarのシルバーで塗ります。

Dscf0594
このまま38、39号に突入です。38号はそのままマフラー関係なので一緒の組んでいきます。エンジンの左右のマニホールドから出た廃棄ガスが一つに合わさる場所です。

Dscf0595
タッチアップついでに焼けたチタンマフラーをイメージしてウェザリングをしました。

Dscf0596
タミヤのウェザリングマスター「D」を使用しました。

このウェザリングマスターは各種種類がありますので、状況に応じた汚しが再現できます。

ただし、欠点があり、メッキ部分にはノリが悪い、半練りタイプなので塗った後、触るとメチャクチャになってしまいますので注意!(;´д`)トホホ…

Dscf0598
これをシャシー裏からセット、あー!触っちまったー!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。まあいいや・・・

そして39号、バッテリーボックスの組み付けです。

Dscf0599

このバッテリーボックスは実際の「GT-R」にはない部分で、この模型のヘッドランプ・ブレーキランプ・インテリアライトのギミックの電源だそうです。

Dscf0603
取り付け方法は簡単、裏から電池ボックス本体をネジで固定します。

Dscf0604
内側からスイッチを入れてステーで固定

Dscf0605
配線の取り回しをして完成です。          ( ̄ー ̄)ニヤリ

今回、イーグル・モスにアラームを入れて新しいパーツが届くまで2週間以上かかりました。もうこれ以上問題はおきませんよね?イーグル・モスさん?(* ̄0 ̄)ノ

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 17 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 16(おまけ) »

NISSAN「R35 GT-R」を作る イーグル・モス」カテゴリの記事

コメント

GTR組みつけお疲れ様です!

排気管、確かに歪み凄まじいですねえ(^_^;)

しかし排気管の焼け表現はいいですね(*^_^*)

take-yさんこんにちは
いつもコメントありがとうございます。

マフラーの焼け色はよっちゃんパパさんがしていたのを拝見してこれはいい!と思ってアイデアをいただきました。ブログ内で触れないと書きましたが、焼き色を塗った後、トップコートで定着させれば多少は大丈夫です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R35 GT-Rを作ろう 16:

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 17 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 16(おまけ) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30