« 蒸気機関車「D51」を作ろう 21 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 19 »

2012年12月15日 (土)

蒸気機関車「D51」を作ろう 22

デアゴスティーニ蒸気機関車「D51」をつくる 今回は48号の元空気溜め左/冷却管を作りたいと思います。(* ̄0 ̄)ノ

Dscf0692

元空気溜め?なんじゃそれ?と思われた方、あれですよ、要するに前回作ったコンプレッサーの圧搾空気を一時的に溜めて置くタンクですね。(◎´∀`)ノ

「D51」タイプは左右に2器ランニング・ボード下に収められています。

Dscf0694
パーツはこんな感じです。タンク本体は真鍮製に見えますが、亜鉛合金の一体化で結構重量がありますね。
下のクネクネした長い線は冷却管です。

コンプレッサーで作りだされた圧縮された空気は容量を確保するために左右のタンクに溜められる。さらに全体を大きなタンクになるように両タンクはパイプにより直列に繋がっています。

空気は圧縮されると熱を出すのでクネクネさせて距離を稼ぎ、その間に空気を冷却するように考えられたものだそうです。(≧∇≦)

さて、それでは製作です。

Dscf0696
タンク本体と冷却管をホルダーで装着します。

Dscf0695
タンクに冷却管を差し込むだけですが、自分は間にナットをひとつ入れて継手を簡単に表現してみました。

さて、塗装です。メタル・プライマーを塗った後ボディ色で塗ります
ゴールドのラインを入れたかったのですが、今回はアルミバンドは止めて、1.5ミリのマスキングテープを巻いて下地の金色を残すようにしてみました。

Dscf0697
少し造形が特殊なので、ダンボールの切れ端でスタンド治具を作成して塗装します。

Dscf0699
うん!(゚▽゚*)きれいに塗れました。小物も一緒に塗装済です。十分に乾燥したら取り付けです。o(*^▽^*)o

Dscf0700
ゴールドのラインも綺麗にでました。OKです。

Dscf0702
デアゴ指示は例によってナベネジですが、皿ネジに換装後、例によってダミーボルトで目隠しです ( ´艸`)

Dscf0703
瞬間接着剤が乾いたらボディ色にタッチアップして完成でーす(*^ー゚)b

Dscf0704
いい感じです。

Dscf0705_4
またまた自己満足!(*゚▽゚)ノ次回は反対側の非公式側に給水ポンプを取り付けます。

Dscf0705_3

Dscf0705_2

Dscf0705

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 21 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 19 »

蒸気機関車「D51」を作る デアゴスティーニ」カテゴリの記事

コメント

コンプレッサー、空気溜めタンク、上手く改造できましたね。 次回、私もトライしてみます。

全体的に、指摘されている改造はそつ無く行われて居ますね!素晴らしい! (火室外側の洗口栓の移動はしないのですね)

真鍮帯も上手く表現出来ていますね、自分は次回の
配本時に2つ纏めて作業予定です。

TOM2さんこんばんは、
お褒めのお言葉ありがとうございます。

まだシロウト同然ですのでみなさんの作品でたくさん勉強させてもらっているおかげだと思っています。
TOM2さんもお忙しいなか一度に3両なんて凄すぎます!∑(=゚ω゚=;)
洗口栓の移動はやろうと思ったのですが、すでにハンダでガチガチに固定しており、とても後戻りできない状態でして、やむなく断念しました。

kinkinさんこんばんは、(゚▽゚*)
いつもコメントありがとうございます。

kinkinさんの最新ブログにあったとおり給水ポンプのバリ取りに苦労しています。゜゜(´□`。)°゜。

 空気溜めの金帯は良いですね。
 うちのはやらなかったですけどやってもいいかなと思ったり(^_^;)

 だんだん、製作者それぞれ個性が出てきていて面白いです(^◇^)

take-yさんこんばんは
いつもコメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、皆さん自分のこだわりをもっていらっしゃるので作品に謙虚に出ていますよね。良い所はお互いに吸収し合ってより一層良い作品に仕上がっていくなんて最高じゃないですか!これからもみなさん、ヨロシクお願いします。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車「D51」を作ろう 22:

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 21 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 19 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30