« 蒸気機関車「D51」を作ろう 31改造編 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 29 »

2013年4月29日 (月)

R35 GT-Rを作ろう 28

来ました、来ましたよ~

Dscf1212
64、65号です;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

先に65号が届き、おかしいな?とイーグル・モスのHPを観たところ、64号の販売が1週間ほど遅れるとあり、待っていたところやっと送付されました。

Dscf1191
いろいろ聞いていたので覚悟はしていましたが、送られて来たものを改めて見るとやはりデカイ!です(参考にタバコと比較してください)  (゚ー゚;

もはや週刊クラフトマガジンの域を超えています・・・( ̄Д ̄;;

Dscf1192
さて、64号、中身ですが・・・

Dscf1193
リアボディ、取り付けネジ2種類、あと読者プレゼントとしてプラスドライバー(1番)が付いてきました。

さっそくチェックしてみましょうか ( ̄▽ ̄)

Dscf1195
おお!ドアキャッチャー部分、いい感じです。

Dscf1200
塗装も表に出る部分は問題ありませんね ( ̄ー+ ̄)

まあ、相変わらず、ネジの取り付け部分のバリは仕方がないのでしょう、いつものようにバリ修正しながらの組み立てとなります。  (^-^;

それでは64号の組み立てといきます。

Dscf1213
まず、3か所あるサポート材の取り外し、両端2か所のネジを取り、保護用サポート材を外します。

せっかくの綺麗な塗装面、キズが付かないように注意です。下にタオルなど柔らかい布を敷き作業します。

Dscf1214
前回、作ったフロントボディを用意して

Dscf1215
ボディに被せるように置き、4か所ネジ留め、この時、上下のステーがしっかり密着するようにしてからネジを締めます。

この部分はネジ溝(タップ)されていません、ネジの本来ついている溝でネジ溝を作りながら締めるため、失敗するとちょっと大変です。(ノд・。)

Dscf1216
ボディ下からもネジで固定、これでフロントとリアのボディが繋がりました。

Dscf1217
64号完成です。この状態、自動車製造ラインでまだ何も取り付けされていない状態に良く似ています。

すでに、自分の作業台では収まりきれないほど巨大化しました(笑)w(゚o゚)w

続いて65号です。

Dscf1218
右、サイドスカートを取り付けます。

Dscf1219
樹脂製かと思ったら、しっかりダイキャスト製です。塗装もただの黒ではありません、メタリック塗装となっています。 Σ( ̄ロ ̄lll)

Dscf1220
ボディのこの部分に取り付けます。位置決めしたあとズレないようにテープで仮止めです。
裏側より、ネジ4本でしっかり固定です。これで65号は完成です。 ヽ(´▽`)/

サイドスカートとはボディ側面に沿った空気の流れをスムーズに保ち、ボデイの下に空気が吸い込まれるのを防ぐ働きがあります。(GT-R開発者、水野 和敏氏 談)


それでは、せっかくですので、シャシーに乗せたいと思います。(゚ー゚)

Dscf1221
おお~! (゚▽゚*)

Dscf1223
おおお~! ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
フロントスポイラー部分はちょい乗せなので隙間だらけですが了承してください。

Dscf1224
なかなか、迫力のリアビューです。 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Dscf1225
いや~、完成にまた近づきました  ヽ(´▽`)/
本日ここまでとします。

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 31改造編 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 29 »

NISSAN「R35 GT-R」を作る イーグル・モス」カテゴリの記事

コメント

遂にボディー本体が来ましたね! すごい迫力です。 トヨタ2000GTも欲しかったですが、これもムズムズしてきます。

Tom2さん
コメントありがとうございます。
そうなんですよ、スゴイ迫力です。重量もハンパありません。
スチール製の棚にD51とGTーRを保管しているので心配ないと思いますが、これが木製棚だったらと思うとゾッとしますね。
                (;´Д`A ```

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R35 GT-Rを作ろう 28:

« 蒸気機関車「D51」を作ろう 31改造編 | トップページ | R35 GT-Rを作ろう 29 »

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31