« ダイハツミゼットを作ろう | トップページ | 蒸気機関車「D51」を作ろう 34 »

2013年6月23日 (日)

蒸気機関車「D51」を作ろう 33

これからハンダによる作業が続きそうだったので、製作を控えていましたが、そろそろ手をつけないと溜まる一方なので・・・

Dscf1293
ハンダ溶接はまとめてした方が効率も良いですものね(゚ー゚)

今回は72、73号を作りたいと思います。(*゚▽゚)ノ

それでは72号より

Dscf1299
パーツはテンダーのフチです。前回71号の続きですね、

Dscf1300
ゴム系の接着剤使用とありますが、やはりここはハンダで接着です。

Dscf1301
ハンダ付け中ずれないようにクリップでしっかり固定します。
尚、一番長いフチ取りですが、やはり若干長かったのでヤスリで削って調整しました。

Dscf1303

削りすぎに注意です。(;´Д`A ```現物合わせで少しづつ削っていきます。
余分なハンダはこの後削り取りますが、72号はこれで終了です。

続いて73号

Dscf1302
テンダー前妻、石炭取り出し口を作ります。ここから石炭を取り出し、ボイラーに投げ込む所ですね (≧∇≦)

Dscf1304
右、前妻を 左、前妻に取り付けます。

Dscf1305
こんな感じ

Dscf1306
ネジ2本で固定します。

Dscf1307
石炭取り出し口を作ります。

Dscf1308
扉を差し込み、4つの穴を合わせます。冊子では瞬間接着剤で接着とありますが・・・

Dscf1309
瞬間を使うのであれば、この取り出し口ハンドルで位置をきめてから、横から瞬間を流し込みをした方が良いでしょう (*゚▽゚)ノ

Dscf1310
ハンドルを2個付けます。両方の高さを合わせます。我が師匠kinkinさんは爪楊枝を2本、双方のハンドルに噛ませて裏側より瞬間で接着を推奨していました。

このアイデア、いただきました!(*゚▽゚)ノ

Dscf1311
次は石炭を掻き出す時の台?の取り付け

Dscf1312
これも瞬間で接着します。

Dscf1313
完成した取り出し口を前妻にネジ2本で取り付けします。

Dscf1314
これで73号は完成となります。テンダー取り付けは次号ですね。

完成した前妻ですが、自分はネジ部、瞬間接着部はハンダづけにしようと思いますのでまた全部バラして再作業します。ちょっと時間が掛かりますので今回は紹介を省略しますが、次回のブログアップまでには完成させ、紹介したいと思います。ヾ(*゚A`)ノ

本日はここまで・・・ヽ(´▽`)/

« ダイハツミゼットを作ろう | トップページ | 蒸気機関車「D51」を作ろう 34 »

蒸気機関車「D51」を作る デアゴスティーニ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり半田付けは安心感がありますよね。 はみ出した半田削るの大変そうですね! ガンバッテください。 次回、D51の製作の時は、フラックスを塗った後、フチの上の部分に半田を流していこうと思います。

半田付け頑張っていますね、自分は上板が来るまでは
半田付けは見送ることにしています。
もう作業にかかっても問題は無いのでしょうが、細かな
調整や組立順序を考えると、もうちょっと待った方が良い
かなと思っているところです。
(テンダー後部の側面や前妻などビスがあるので
 どうやって隠そうかと思案中の所もあります^^;)

TOM2さん、いつもコメントありがとうございます。

ハンダ付けはいいのですが、削りがとても大変で・・(/□≦、)

とにかくブログ」はアップしたのですが、時間がなく、やっつけ的なブログになってしまいました。TOM2さんの流し込み方法、いいアイデアですね、うまくいきそうですね!(゚0゚)

kinkinさんこんばんは、
いつもコメントありがとうございます。

自分もテンダー下部を丸く改造するつもりなんですが、いろいろ考えてエポキシとパテを使おうと思っています。これならシロウトの自分にもなんとか出来そうなんで・・・ヾ(;´Д`A

エポキシやパテ埋めの前にハンダ付けを出来るだけ進めたいと今回の作業となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車「D51」を作ろう 33:

« ダイハツミゼットを作ろう | トップページ | 蒸気機関車「D51」を作ろう 34 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29