« ビモータ テージ1D 906SR その2 1/12 タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 11 »

2014年10月 8日 (水)

GT-Rのエンジンを作ろう 6

Imgp0730

前回はここまで、今回は引き続きシリンダーヘッドの組み立てです。( ̄▽ ̄)

それでは108号より、
作業内容は『カムシャフトの組み立て』です。

燃焼室の吸気、排気用のバルブを動かすためのシャフトです。当然「DOHC」(ダブル・オーバーヘッド・カム・シャフト)エンジンですから、各シリンダーヘッドに2本づつ取り付けられています。

Imgp0731


左側のシリンダーヘッドのカムシャフトを取り付けします。

赤矢印がカムシャフト黄矢印が取り付け用のカムシャフトキャップと取り付けネジで固定します。

Imgp0732


右側は半分もありません、なぜか?(゚ー゚;
左はカットモデルで内部構造も見えるのでしっかり作ってあるようですが、右側は、ヘッドカバーが被るため、見えなくなります。そのためどうやら簡略化しているようです。エコですね~Σ(゚д゚lll)

これで108号が完成です。画像が少なくてスミマセン・・・(;´Д`A ```

Imgp0735

続いて109号です。

Imgp0736


パーツはこちら、作業内容は『タイミングチェーンケースの取り付け』です

Imgp0733


この面に取り付けします。

Imgp0737_2


取り付け完了です。

Imgp0739


カムシャフトカバーも取り付け完了です。

Imgp0740


だんだん複雑な形になってきました。これで109号の完成です。

                     本日ここまで・・・ヽ(´▽`)/

« ビモータ テージ1D 906SR その2 1/12 タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 11 »

NISSAN「R35 GT-R」を作る イーグル・モス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GT-Rのエンジンを作ろう 6:

« ビモータ テージ1D 906SR その2 1/12 タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 11 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29