« ビモータ テージ1D 906SR その5  1/12タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 13 »

2014年10月28日 (火)

GT-Rのエンジンを作ろう 8

今回は112号と113号の製作を行います(o^-^o)  まずは112号から

Imgp0862


作業内容は『デファレンシャルの取り付け』です。

Imgp0863


パーツはこちら・・・(゚▽゚*)
以下112号より
「GT-Rは電子制御4WDなのでフロントにもデファレンシャルが存在します。エンジンからの駆動力はリアのトランスミッションを経由して再びフロントに戻され、デファレンシャルを介して左右のフロントホイールに振り分けるようになっています。」

Imgp0864


右シャフトシールと右フランジの結合および右フランジの取り付け

Imgp0867


左フランジと左シャフトシールの接合完了

Imgp0868


シャフトスリーブの挿入

Imgp0869


デファレンシャルをエンジン本体に取り付けます。( ^ω^)

Imgp0870


左フランジの取り付け

Imgp0871


Imgp0872


112号の完成です。

Imgp0873


つづいて113号、『フライホイールの組み立て』です。( ̄ー ̄)ニヤリ

Imgp0874


パーツはこちらです。

Imgp0875


おー!!よくできたオイルフィルターです!Σ(`0´*)本物みたい・・・でも今回は使いませんので保留します。

Imgp0876


作業工程をはぶきましたが、フライホイールの完成です。(^-^;

Imgp0877


フライホイールをエンジンに取り付け完了

Imgp0878


サポート材の組み立て

Imgp0891


取り付け画像を撮り忘れたようです。違う所から画像をもってきましたが・・・これで113号の完成です。

複雑なエンジンのかたちが見えてきました。

             本日ここまでヽ(´▽`)/・・・・・・

« ビモータ テージ1D 906SR その5  1/12タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 13 »

NISSAN「R35 GT-R」を作る イーグル・モス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GT-Rのエンジンを作ろう 8:

« ビモータ テージ1D 906SR その5  1/12タミヤ | トップページ | ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 13 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30