« GT-Rのエンジンを作ろう 14 | トップページ | 永遠なるドラ猫 F-14TOMCAT その1 »

2015年2月 7日 (土)

ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 19

カウンタックです!今回は48号、49号を作りたいと思います。(゚ー゚)

Dscf1275

それでは48号より、パーツはこちら

Dscf1276

エンジンのホース関係ですね、作業内容は『エンジンをシャシーフレームに搭載する』です。

おお~!ついにエンジンが乗ります~!(゚▽゚*)

ついでに49号のパーツも紹介しましょう。

Dscf1278

作業内容は『左ラジエターを組み立て、マフラーをアンダーパネルに取り付ける』です。

久しぶりに濃い内容です。(*^m^)

まず、パーツを良く見ると・・・・

Dscf1277

これも・・・・

Dscf1279

これも・・・

Dscf1280

これも・・・・・よく出来てはいるのですが・・・・なんだかグリコのおまけみたいな感じです。
ヾ(;´Д`A
良く見えるところなのでデティールアップ作戦しましょう。(゚ー゚;

Dscf1281

ホースバンドを付けたしてちょっとプチ手間しましょうか!

Dscf1283

Dscf1284
こんな感じかな?

Dscf1285
エンジンを用意します。

Dscf1287

14号で送付されて保留になっていたウォーターポンプホースTをホースAに差し込みます。
差し込むだけの指示ですが、自分は少々接着剤を付けています。

Dscf1288

さてここからがちょっと困難です・・・エンジンのこの穴に・・・

Dscf1289

ホースのこの部分を・・・

Dscf1290

差し込みます。

Dscf1291

そしてウォーターポンプホースTをピンセットで引き出して、エンジンフロント方向に取り回します。(゚ー゚;

Dscf1292
引き出したホースをエンジン右側の穴に差し込みます。やはり、抜けが心配なので少々の接着剤を使用しています。

ここで以前組み立てたイグニッションコイルをシャシーのフェンダーに取り付けるのですが、(゚▽゚*)

Dscf1293

コイルが寂しかったので、プラモデルで余ったチャンピオンのデカールで飾ってみました。
チャンピオン製のイグニッションコイルなんてありえないと思いますが・・・・シャレです。
(^-^;

Dscf1294

シャシーのフェンダー部分に取り付けます。・・・おっ!悪くないじゃん。

Dscf1295

エンジンをシャシーに乗せて、ドライブシャフトを繋げます。

Dscf1297
左右のドライブシャフトがエンジンに繋がりました。

Dscf1299

プラプラしていたアッパーアーム、ロアアームをリアハブに固定します。

Dscf1300

ラジアスアームもここでリアハブに固定します。

Dscf1301

これで48号の完成です。やったー!!エンジンが乗りましたー!(≧∇≦)

つづいて49号、左ラジエターを組み立てます。

Dscf1302

このリード線が2本出ているのはなんでしょう?なんの説明もありません・・・(゚ー゚;

Dscf1304

分解すると、スピーカーのようです・・・なるほど、ここからV12気筒エンジンサウンドが出るのですね。

Dscf1305

うーんこのパーツもちゃちぃなぁ

Dscf1307
塗装してデティールアップしました。

Dscf1309
ラジエター上部と接着です。

Dscf1310
次に、このファンを

Dscf1311
ファンガードに差し込みます。

Dscf1312
このファンをラジエターの中心の穴にはめ込み、

Dscf1313
裏側よりネジで固定します。

Dscf1314
スピーカー付のラジエターパーツを

Dscf1315
リード線を逃がし穴に通してネジで固定します。

Dscf1316

これを先ほど作ったラジエターパーツと固定してラジエターの完成です。(^-^;

Dscf1317
次に余っている、2本のハイテンションコードを

Dscf1318
適当な長さに切り、イグニッションコイルに差し込みます。

ここでもうひとつ改造します。

Dscf1324
このデスビですが、実車の画像を見ると、この矢印部分より、(+)電源リード線が省略されています。・・・・そこで・・・

Dscf1319

プラモデルの余分なランナーを・・・・

Dscf1321_2
削り出して電極端子を作りました。

Dscf1322
これを家に保管してあった赤いリード線に瞬間で接着

Dscf1323
電極も赤く塗装して赤のゴムカバーのようにします。

Dscf1325
これをデスビに接着して完成!(゚ー゚;

Dscf1326
ホースをオイルタンクに取り付けて

Dscf1327
ここで保留にしていたマフラーの登場です。

Dscf1328
エンジンのこの部分に

Dscf1329
マフラーのこの部分がかみ合います。

Dscf1330
何とかかみ合いました。外れないように接着剤を流し込みます。ヾ(;´Д`A

Dscf1331

ん?・・・・ぎゃーーーー!

Dscf1332
なんというミスでしょう・・・マフラーカッターの向きが逆です!(/□≦、)
接着剤を使用しています。治せますでしょうか??(。>0<。)

もともと、いわく付のカッターです。(ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 6参照)
イチかバチかの強行手段で治します。

・・・・・そして・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌

Dscf1333
何とかなおしましたよ・・・キズだらけですけどね・・・・( ̄Д ̄;;
これで49号の完成です。

Dscf1334
長い記事になりましたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。

                   ・・・・・本日ここまで  (ノд・。)・・・






« GT-Rのエンジンを作ろう 14 | トップページ | 永遠なるドラ猫 F-14TOMCAT その1 »

ランボルギーニ カウンタックを作る デアゴスティーニ」カテゴリの記事

コメント

デスビの赤端子が素敵すぎる。マフラーカッターはご愁傷さまですw

いがさん、コメントありがとうございます。

デスビはちょっとしたこだわりでした。
マフラーカッターは自分の確認不足ですね、性格がオッパッピーですから・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランボルギーニ・カウンタックを作ろう 19:

« GT-Rのエンジンを作ろう 14 | トップページ | 永遠なるドラ猫 F-14TOMCAT その1 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30