« 戦艦大和製作記 その12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その20 »

2015年12月 3日 (木)

永遠なるドラ猫 F14TOMCAT その19

Dscf2589


トムキャットの製作をします。(゚▽゚*)

まずは42号から
パーツはこちら

Dscf2591


作業内容は『主翼モーターと主翼の取り付け』です

Dscf2595


アルミフレーム本体を用意します。

Dscf2596


41号の保留保管していたパーツを用意します。

Dscf2597


アルミフレームにモーターをネジ3本で仮止めします。

Dscf2598


本体を裏返しにして飛び出ているネジにワッシャーとナットをねじ込みます。

Dscf2600


ラジオペンチでナットを押さえて表側からドライバーで締めても良いのですが、自分はこの工具を使います。
精密ドライバーのナット用です。番数は記入がないので不明・・・たまたま家にありました。(゚ー゚)

Dscf2601


ドライバーでネジ頭を押さえながらナットを締め付けます。

Dscf2603


42-003のプリント基板に42-004のコードのコネクターを差し込みます。
主翼モーターのコネクターも差し込みます。

コネクターのピンは軟弱です。やさしく差し込みます。

Dscf2604

小さなリミットスイッチが付いています。これが取り付け場所の向きの目安となります。

基板に大きな穴が開いています、ここにワッシャー付のネジでアルミフレームに取り付けるのですが、フレームの穴も大きくてネジがガバガバです。

Dscf2605

フレームの穴に42-006を裏側より差し込みます。これがネジのスペーサーの役割をします。

ステップ・ガイドの説明が不十分です。ちょっと迷いました。(゚ー゚;

Dscf2606


プリント基板をフレームにネジで固定します。

Dscf2607


Dscf2608


次にモーターシャフトに樹脂ステーを差し込みます。赤の溝の部分にシャフトのナットが乗るようにセットします。

Dscf2609


入れ方に少々コツがあります。まず、ナットの無いシャフト下にステーを差し込み、シャフト下の板にステーの溝を入れます。

Dscf2610


次にナットの下までステーを移動させます。六角ナットの平面とステーの溝が合うとするんと入ります。

尚、ステップ・ガイドには記載はないのですが、このステーには左右の向きがあるようです。画像の向きでセットしないと42-001のパーツが入りません。注意です。

Dscf2611


42-001のパーツを取り付けますが、赤矢印の突起がアルミフレームの溝に入るように取り付けます。

Dscf2612


42-001の中の凹みにナットが収まります。

Dscf2613


ネジで固定します。ふぅ疲れた・・・(;´▽`A``

42号の製作はまだまだ続きますが・・・・

      ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/


« 戦艦大和製作記 その12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その20 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫 F14TOMCAT その19:

« 戦艦大和製作記 その12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その20 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29