« ヤマハ V-MAX完成     アオシマ1/12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その24 »

2016年1月 4日 (月)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その23

皆様、明けましておめでとうございます。m(_ _)m
今年もつまらん私の模型製作なぞ、お暇でしたらお付き合い頂きますようお願いします。(*^-^)

Dscf2726


まず、2016年の一発目のトムキャットと行きましょう。(゚▽゚*)

46号、47号からパーツはこちら

Dscf2728


46号、そして

Dscf2729


47号です。それでは46号より

前回の続きです。作業内容は『キャノピー用モーターを取り付ける』です。
キャノピーの開閉用のモーターの取り付けです。

Dscf2732


まず、40号で送られたテスターの繋ぎ、モーターの動作テストを行います。
バッテリーとモーターをテスター基板に繋ぎ、正転、逆転ボタンを押してモーターの動きを確認します。

問題は無いようです。しっかり動きました。それでは取り付けます。

Dscf2733


45号で組み立てた基板を用意します。

Dscf2734


基板にモーターを取り付けます。

Dscf2735


44号で保管していたパーツを用意します。

Dscf2736


このへこんだ部分にギアのナットが収まるようにセットします。

Dscf2737


こんな感じです。尚、このパーツには向きがあります。上パーツと組み合わさるダボの高さに注意してください。

画像の左側の方が高くなっています。このことは組み立てガイドには記載されていません。向きが違うと上パーツがうまく組まれません、注意です。(`Д´)

Dscf2738


上パーツを取り付けます。自分は下パーツを逆につけてしまい、やり直しました。

Dscf2739


コクピットを用意します。

Dscf2741


逆さまにしてモーターをセットします。

Dscf2742


キャノピーのヒンジとモーターのヒンジをパチンとはめ込みます。このはめ込みは難易度大です!(`Д´)

モーターの配線を基板に付ける前にもう一度テスターで動作テストします。

Dscf2743


Dscf2744


おー!カッコイイです。・・・が・・・(゚▽゚*)

Dscf2745


キャノピーが閉じた時、若干の隙間が開いてしまいます。調整が必要ですね。

Dscf2746


モーターとケーブルを基板につなげて46号の完成です。

Dscf2749


続いて47号、『左後部フェアリングの組み立てと取り付け』です。左の大きなパーツは樹脂ですが、右のパーツはゴム製です。

Dscf2750


ふたつを合わせます。穴に入れるだけの取り付けでとても不安・・・・(≧ヘ≦)

Dscf2751


これを本体アルミプレートに取り付けますが、うまく入りません、組立てガイドにはこのモーターケーブルを下に入れるとありますが、下に入れるとケーブルが邪魔をして、ハマりません。

ケーブルを上に出してやっとフェアリングがセットできました。

Dscf2752


ずれないように注意しながら本体を裏返しにして、爪をアルミプレートに入れて、ネジで固定します。

モーターケーブルの取り回しは後で考えるとして・・・47号の完成です。なんだかなぁ・・・・(-゛-メ)

         ・・・本日ここまで(`◇´*)

     


« ヤマハ V-MAX完成     アオシマ1/12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その24 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その23:

« ヤマハ V-MAX完成     アオシマ1/12 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その24 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29