« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その27 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その29 »

2016年2月18日 (木)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その28

Dscf2875

56~57号です。

まずは56号、パーツはこちら(*^-^)

Dscf2878


56号作業内容は「首脚収納庫の組み立てと扉の取り付け」です。

Dscf2896

54号で保管していたブッシュ(?)を用意します。

Dscf2897


ブッシュ(?)を差し込みます。

Dscf2898


黄色線を軸にして折ます。このパーツ、ABS樹脂製なので折り曲げることができますが、結構戻ろうとする力が働いてちょっと難儀です。(ノ_-。)


Dscf2899


先ほどのブッシュ(?)を取り付けた板を組み合わせ瞬間接着剤で接着しようとしますが、やはり戻ろうとする力が強いのでうまく接着できません、輪ゴムでぐるぐる巻きにして、瞬間接着剤が固まるのを待ちます。

Dscf2900


53号で保管していたコクピット下部のパーツを用意します。

Dscf2901


55号で保管していたパーツを用意します。

Dscf2902


Dscf2903


この様に首脚の収納に合わせて出入りするカバーです。

Dscf2901_2


この黄色矢印の輪の部分を軸にして開閉するのですが、取り付けピンの挿入はとても難しい・・・(ノ_-。)

Dscf2904


この狭い場所にピンを挿入なんてとても無理です・・・指も入らない・・・ピンセットじゃ力不足です。

まず、手持ちのφ0.9の真鍮線の先をL字に曲げて55-009パーツを通して置いて

Dscf2905


ピンの位置を決めます。真鍮線が見えない穴のガイドになります。
ピンセットで押し込めれば良いのですがピンが弾き飛ばされそうなのでこれはおすすめできません。

Dscf2906


自分はマイナスドライバーで押し込みました。真鍮線を引き抜くタイミングに注意です。

Dscf2907


うまくいきました、下に機体を向けると自然落下でカバーが開きます。

Dscf2908


次に格納扉を取り付けます。

Dscf2909


外側からヒンジ部分をくぐらせ、ヒンジをパチンとはめ込みます。

Dscf2910


綺麗におさまりました。

Dscf2911


これも機体を下に向けると自然に扉が開きます。動きに問題はないようです。

これで56号の完成です。

     ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その27 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その29 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その28:

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その27 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その29 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29