« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT 番外編 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その35 »

2016年4月10日 (日)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その34

Dscf3161_2


4月分が届きましたのでぼちぼち作ります。
まずは、62号より、パーツはこちら

Dscf3164


作業内容は『フェニックス・ミサイルの組み立てと取り付け』です。でっかいミサイルです。

Dscf3171


まず、ミサイルの半分に、金属棒を仕込みます。


Dscf3172


金属棒がズレないようにもう半分のミサイル本体をはめ込みます。

Dscf3173


流し込み用接着剤を合わせ目に流し込み、しっかり圧着です。

Dscf3174


白いノーズと赤い噴射ノズルを差し込みます。ガタツキがあるので少々の接着剤を使って固定しました。


Dscf3175


ミサイル完成、同じ物をもう一個作ります。

Dscf3176


この部分に穴があって、中に仕込んだ金属棒が見えます。

Dscf3177


ブラケット側にマグネットが飛び出ていて・・・(゚ー゚)

Dscf3178


ぴったりくっつきます。

Dscf3180


位置決めようにガイドもあるのでずれません。

これで62号の完成です。

つづいて63号、パーツはこちら

Dscf3165


これもミサイルですね、作業内容は『スパロー・ミサイルの組み立てと取り付け』です。

Dscf3181


先ほど作ったミサイルとほぼ製作は同じ。

Dscf3182

金属棒を仕込みます。

Dscf3183


2か所の穴から金属棒が見えます。

Dscf3186


この溝に、レール(短)を接着します。

Dscf3185


両脇にボルトらしき造形があるのでこの面を上にして接着剤で固定します。

Dscf3187


こんな感じ

Dscf3184


後方の長い溝にもレール(長)を接着します。先端にノーズを付けます。少量の接着剤使用(゚ー゚)


Dscf3189


取り付けの詳細が全く記載されていない製作ガイドなので不安ですが、長い切欠きがある方が後方と判断し、接着剤で付けました。


Dscf3190


取り付け完了。

Dscf3191


フィンを取り付けます。

Dscf3192


スパローミサイル完成です。これをもう一本つくります。


Dscf3193


ブラケットには例によってマグネットが入っています。

Dscf3194


ミサイル側の金属棒の見える穴にくっ付けます。

Dscf3195


フィンがブラケットの中に納まります。

Dscf3196


Dscf3197


これで63号の完成です。64号もミサイルの組み立てがあります。64号が終わったら機体本体にミサイル装着してみましょう。

   ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT 番外編 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その35 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その34:

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT 番外編 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その35 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29