« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その39 | トップページ | アスタコ NEO その3  1/35ハセガワ »

2016年6月13日 (月)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その40

Dscf3410_2


続きです。73号作ります。
パーツはこちら

Dscf3415


作業内容は『スピードブレーキ上部の組み立てなど』です。・・・・「など」??(゚Д゚)

Dscf3441


おお!なんだかとっても久しぶりの金属大型パーツです。「73-001」に「73-002」を取り付けます。

Dscf3442


まだ乗せただけです。

Dscf3443


72号で保管していたシャフトを用意します。このシャフトは片側のみ半円に削られています。

Dscf3444


先ほどのパーツにこのシャフトを差し込みます。少しキツイのでハンマーでたたき込みます。
パーツにキズが付かないようにクッションを下に敷いて置きます。

Dscf3445


どのくらいの寸法分出すか、詳しい説明が無いのですが、半円に削られた方のシャフトをパーツより出します。
(多分本体機体に取り付け時に微調整するとおもうのですが・・・)

Dscf3446


72号で保管していたカムをシャフトに取り付けます。

Dscf3447


差し込み口が半円になっているので合わせて差し込みます。(*゚▽゚)ノ

Dscf3448


次にこのブッシュを機体に取り付けます。

前にも同じものを取り付けましたが、このブッシュはゴムのような材質でできているので簡単に変形します。

Dscf3449


アルミフレームのこの位置に取り付けます。

Dscf3450


ちょっとキツイのですが、指で潰してねじ込むようにして穴に入れます。

Dscf3451


73号の完成です。

∑(゚∇゚|||)  あれ??

Dscf3452


翼端灯がいつのまにかなくなっている!!……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

機体を裏返したり戻したりして、ポロポロパーツが脱落すると思ったら・・・

これはちょっと気が付かなかった・・・行方不明・・・

さぁどうしよう。捜索しても出てこなかったら自作しますか・・・(ノ_-。)ふぅ


   ・・・本日ここまで(ノд・。)

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その39 | トップページ | アスタコ NEO その3  1/35ハセガワ »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

実は創刊号に付属のコクピットLED部品を
テスター(大)に不注意でつなげて壊して
しまい、そこから「やる気度」がガタ落ちに。

アシェットへ問い合わせると発売スタート時に
創刊号は予想以上に売れてしまいもう在庫は
無いとのこと。もう半年も経過しているとはいえ
シリーズ完結していないのにアフターパーツが
ないとはどういうことなんだ(怒) そして
ヤフオクでも創刊号はたまにしか出品されず
もうスルーしようかと。

しかし、このままではいかんと思い、F14も
何とか組み立て再開させようと思います。

よっちゃんパパさん、コメントありがとうございます。
お久しぶり、寂しかったです。
パーツ交換の件、アシェットではあまり良い話しは聞きませんね。自分もこの多種多様のギミックはまともに動く気がしませんし、もし、不具合があったりしてもスルーするつもりです。
最悪ディスプレイ専用機ですねー
もうアシェットには2度と手を出しませんつもりです。
ハコスカはどうなんだろう?

たかさん、Zが完成してからちょっと放心
状態(電池切れみたいな)だったのです。

ハコスカはブログさぼり気味ですが続けて
います。もうシリーズ半分越しました。
イメージとしては京商のミニカーをそのまま
大きいスケールに当て込んだ作りです。

つまりミニカーなら許せる「アラ」が1/8では
さらに目立つ状態になっちゃてる。私は
今回は大きな改造ディテールアップはせず
色付けで完成を目指します。
車体色はサファリブラウン~!
(私もたぶんアシェットはこれが最後だね…)

よっちゃんパパさんもモチベだだ下がりですねー

ハコスカですが、私の知ってる「単コロ」さんというモデラーの方は配布パーツは単なる素材って考えらしく壮絶改造しています。これが実車の如く素晴らしい。パパさんのZもそうですが、こんな作品みると憧れます。

こんにちは。 
1号と17号のパーツがたまたま余っています。 良ければお譲りしますよ! 
パーツが壊れてしまうのは本当につらいですね!

お気遣いありがとうございます。
パーツの破損や紛失は痛いところであります。
自分は今のところは必要はないのですが、アシェットのサポートの不備は結構聞こえてきます。
自分もパーツの不備で交換を要求したのですが、なかなか連絡つながらず苦労しました。

いつも、楽しく拝見させていただいてます。質問なのですが、72号で入っていたシャフトに72-004の白いパーツを取り付けた時、72-004のパーツの穴が、がばがばでは、無かったですか?それとも、私だけでしょうか?因みに72-004は、交換してもらったのですが、交換しても、同じ症状です。もしかして、シャフト自体が、少し細いかもその辺のところが、解らないので、質問させていただきました。変な事を聞いてすいませんが、宜しくお願いします。

ひろくんさん、こんなつたないブログいつもご覧いてありがとうございます。

さて質問の件ですが、自分のパーツは問題ありませんでした。72-004パーツは多分樹脂流し込み製品なのでパーツの誤差は少ないのかと、問題はシャフトの半円部分、これは手作業(?)での削り込みと思われます。ちょっと削りすぎちゃったのかも・・・個体差ってやつですね。
対策は交換が一番ですが、工事配管継手なんかに巻きつけるシールテープを半円部分に巻きつけて太さを出してははいかがでしょう。なければセロテープ、台所で使うラップやマスキングテープなど代用できると思います。ご参考までに

適切な解答ありがとうございます。早速、試してみます。

ヒロさん、うまくいくと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その40:

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その39 | トップページ | アスタコ NEO その3  1/35ハセガワ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31