« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その43 | トップページ | F-14TOMCAT  80号テスター稼働テスト »

2016年8月 2日 (火)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その44

Dscf3621


80,81号の製作です。

まずは80号よりパーツはこちら

Dscf3625


『右垂直尾翼基部への取り付けなど』の作業内容です。(゚ー゚)

Dscf3636


まずはブッシュ、

Dscf3637


前回取り付けた右側に前回と同じように取り付けします。

Dscf3638


取り付け完了です。

Dscf3639


77号で組み立てた尾翼を用意します。

Dscf3640


基部に差し込み、裏側よりネジで固定します。


Dscf3642


左右の尾翼がそろいましたがまだ方向舵が付いていません。

Dscf3651


機体に仮乗せしてみました・・・カッコイイじゃん!(゚▽゚*)

これで80号の完成です。のこりのパーツは保管します。

続いて81号です。

パーツはこちら

Dscf3626


作業内容は『アレスティング・フックの組み立て』です

『アレスティング・フック』とはなんじゃろう?(´~`)。?

空母に着艦するときにワイヤーをひっかけるフックでしょうか?

Dscf3652


パーツ№ 81-003このピンを使います。片側がプレスされて太くなっています。

Dscf3653

U字の部分にこの白い小さなパーツか組み込まれます。

Dscf3654


先ほどのピンを細い方から差し込みます。

Dscf3655


ラジオペンチ(小)で差し込みます。太い部分が穴に食い込んでピンが抜けなくなる仕組みです。

Dscf3656


ピンを軸にして稼働します。

Dscf3657


取り付けたパーツにカバーを挟み込みます。

Dscf3658


接着剤でしっかり貼り付けました。やはりここも稼働します。

まだ細かいパーツがたくさん残っていますがすべて保管となります。紛失しないようにしなくては(`◇´*)

これで81号の完成です。

   ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その43 | トップページ | F-14TOMCAT  80号テスター稼働テスト »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その44:

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その43 | トップページ | F-14TOMCAT  80号テスター稼働テスト »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31