« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その45 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その47 »

2016年8月30日 (火)

永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その46

Dscf3701_2


82号の続きです。

Dscf3726_2


前回は機体アルミフレームに背面機体下部が取り付け完了しました。

Dscf3727


右方向舵のケーブルを基板に差し込みます。

Dscf3728


左も同じようにケーブルを差し込みます。

Dscf3730


72号で保管していたスピードブレーキにギアを取り付ける。

Dscf3731


シャフトの先端が半円状に加工してあるのでギア半円穴に差し込む(゚ー゚)

Dscf3732


ここで機体に取り付けるのですが、製作ガイドには詳しく取り付け方法が記載されていません。

少し悩みましたが・・・

Dscf3733


まず、画像左の穴にブレーキの先端を入れます。

Dscf3734


そのまま落としてヒンジを右側にセットします。

Dscf3735


指で押し上げるとパカパカ開閉します。
後の作業に支障が出そうなのでブレーキを閉じた状態でテープで仮止めしておくのもよいでしょう。


Dscf3729

74号で保管していた機体上部を用意する。

Dscf3736


裏側にダボがあり、このダボを青いゴムブッシュに差し込むだけです。

Dscf3737

こんな感じです。

Dscf3738

73号で保管していたスピードブレーキを用意します。

Dscf3739


取り付けたギアのポッチ部分を・・・

Dscf3740


アルミフレームの奥にあるO字型の穴に差し込み、ギア部分を先ほど組み立てた下側ブレーキのギアと噛み合わせます。

ここらへんの詳しい説明も製作ガイドには記載されていません。

ここで、おかずクラブのセリフを借りようと思います・・・


「これがおまえらのやり方かー!」(# ゚Д゚)

Dscf3741


これで82号の完成です。

   ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その45 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その47 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その46:

« 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その45 | トップページ | 永遠なるドラ猫   F-14TOMCAT  その47 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29