« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その56 | トップページ | 戦艦大和製作記 その29 »

2016年11月20日 (日)

永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その57

Dscf4012


つづいて96号、97号を作ります。

96号のパーツです。

Dscf4016


作業内容は『デッキの組立とケーブル接続の確認』です。

97号のパーツです。

Dscf4017


97号の作業内容は『メイン基板へのケーブル接続と基板カバーの取り付け』です。

ではさっそく96号より

Dscf4042


空母のデッキの造形のようですね、センターラインと作業用のピットがあります。色がモロにプラスチック色ですね、塗装し直したいですねー

Dscf4043


裏側からピットの扉を取り付けます。

Dscf4044


扉パーツを取り付けます。


Dscf4047

ネジ2本で固定します。


Dscf4048

表側より扉パーツを接着剤で貼り付けます。


Dscf4051

貼り付け中

さあ、いよいよメイン基板にケーブル接続の準備をします。


Dscf4052


説明ガイドには簡単に書いてありますねぇ・・・・(#`Д´)
それにいつの間にか機首がついた写真が貼ってありますが・・・?機首取り付けの指示ありました?

(#`皿´)??

Dscf4053


一応ケーブルには名前を書いたマスキングテープを貼ってありましたが、配線の取り回しやレイアウトの直しもやむなく、一回バラしてやり直しをしました。(#`皿´)

Dscf4054


とりあえず機首を取り付けるにあたり、キャノピーのシールドがキズ付かないように断衝材をテープで貼り付けます。

Dscf4056

メイン基板の取り付けベースをネジで取り付けます。取り付けネジが機首との連結固定となるようです。


Dscf4055

ケーブルに名称と番号を書いたテープを貼り、後の作業の邪魔にならないように、機体に貼り付けておきました。

これで、96号の完成です。

ここから97号の作業です。( ̄▽ ̄)

Dscf4057


96号の基盤ガイドを確認しながらケーブルを取り付けていきます。


Dscf4058


Dscf4059

なかなか大変な作業です。

Dscf4060


全部繋ぎ終わったら基板を機体に取り付け、ネジで固定します。


Dscf4061

配線が綺麗に収まったら機体下部のカバーを取り付けてネジで固定して97号の完成です。


Dscf4062


Dscf4063


Dscf4064


見た目はほとんど完成ですが、パーツの合いがめっちゃ悪く、そこら中隙間だらけです。(/□≦、)

次号でギミックの稼働させるリモコンが来るようですが、電源はどうなるのでしょうか??

いろいろあやしい箇所があるのだが、動作確認が怖いですね。

   ・・・本日ここまでヽ(´▽`)/

« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その56 | トップページ | 戦艦大和製作記 その29 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

ネジIiとネジJjの見分けがつかないし 説明書ではネジJiになってるし お楽しみ満載でしたね
絶対に基板まで届かないであろう配線の取り回しもあって あちこち外して 配線の取り回し修正するにも どうやったら目的の部分が外せるか悪戦苦闘
パーツに挟んで線が切れちゃったりとお祭り騒ぎで97号を待ちます キチンとおなかに収まりますように

ダヤンさん、コメントありがとうございます。
ネジの分別、本当にわからなかったです。色も太さも長さも同じで、ただタッピングかそうでないかの違いだけで指示もないですからねぇ
配線のレイアウトする為また機体をバラしましたよ。多分、自分も断線や抜けがあるでしょうが、ここまできたら諦めです(泣)

おはようございます。
電源はおそらくACアダプター見たいな物だと私は思っています。
展示用のスタンドの後ろ側にジャックが有りますよね?そこに差し込むのでは無いですか?

各パーツが合わないのか隙間だらけです。

機首部分の件ですがアシェットのサポートに電話しましたが配線の件とで組立動画を参考にして下さいと言われました。

ともかくサーポートは役に立ちません。
サポートは女性ですから話が通じません。
機首の取り付けと言っても機首が分からないみたいで・・・動画のアップも散々電話でクレームを言っても一向に変わりませんね。

果たしてギミックは動くのでしょうか?
今更動かなくてばらすのは大変です。

デアゴのサポートの方が親身でしたね。
アシェットはもう二度と買わないでしょうね。

長々とすいません。

篠崎さん、コメントありがとうございます。

電源は自分もACアダプターならベストなんですが、単一乾電池6個つなぎのでっかい電池ボックスだったりしたら最悪ですよね。

アシェットのサポートはバイトの人ですかねぇ、自分のときもそうでした。

デアゴも間違いはありましたが、対応は素早かったですね。アシェットは電話すらつながらない。

篠崎さんと同感です。

いつも、拝見させて、もらってます。私も、今回のアシェっトの対応には、少し苛立ちを感じます。何も投げかけも無くいきなり140号延長になりましたは、ひどい対応と思いました。お客さんを相当馬鹿にしてると思います。でも、なぜか、空母の甲板とか、車両とかの写真を見てると欲しくなるのは、私だけでしょうか?まだ、延長しようか、100号で止めようか迷ってます。すいません、ぐちをこぼしたりしてしまいまして。

ひろくんさん、コメントありがとうございます。

そうですよね、何のアナウンスもなく。裏表紙に小さく140号完結なんて…しかも読者を引きつけるような写真ですよね。欲しくなる方が居るのも分かる気がします。
でも、プラス40号分の時間と金額を投資する気には自分は流石に無いですねぇ。人それぞれの思いや考えがありますので、100号で止めるか、140号完結まで行くかは自由だと思います。

96号以降の組み立て動画がアップされませんねぇ
アシェットの人もネジの区別がつかなかったり 配線が届かなかったり 何の配線だか分からなくなってるんでしょうか
そんな場合のリカバリーも公開してくれれば親近感が湧くかもしれません

あ やっぱムリかも

ダヤンさん、こんにちは!

そもそも配線のレイアウトはあまり気にしていない設計だからリカバリーは無理かもですね、

もしリカバリーがあったとしてもどこまでもバラさなければならず大変な労力が必要ではないでしょうか。そんな気がします。

はじめまして。
いよいよ完成間近ですね。
うまく動かなくても眺めるだけでもいいかと今は思いつつ作っています。
ひとつ引っかかってるのが、5号でアルミフレームと一緒に配布されたネジDがあるのですがどこかで使われました?機首とアルミフレームを接続するためのネジと説明はありましたが、まるまる3本使われずに残ってるのですが…
使わなくても機首はしっかり固定されてるので気にしなくてもいいんでしょうけど、やっぱり気になります。配布ミスなんでしょうか?

rebeccaさん、コメントありがとうございます。
5号のネジかぁ気が付かなかったです。
ここまで号数が重なると遥か過去の話しですね、スミマセン
この冊子のネジはパーツNo.は違うけど、種類は同じネジが多く使われています。予備も含めて使われないネジは多量にありますからね。
機首がしっかり固定されているのなら問題ないと思いますよ。

rebeccaさん、追記です。
ネジDは3号の配布だったと思います。
それならコクピットとエアインテークあたりで使っていますねぇ

お返事ありがとうございます。
途中で設計変更になり使われなくなったということなのかな~と今は思うようにしてます。
ネジもA→Z→Aa→Liと毎度表示が変わるので管理が難しいですよね。
せめて同じタイプのネジは同じ表示にしてくれれば保管も楽なんですが…
まあなんとか壊れず完成しそうなので気にしないようにします。
お手数おかけして申し訳ありませんでした。
あと少し頑張ります!

はじめまして。完成が近づくにつれ作業状況を参考にさせていただいてました。本日99号にて通電作動確認しました。可変翼・方向舵・エアブレーキは作動にスムーズさを欠いていますが動きました。意外なのはランディング・ギアでパシャっと格納し驚きました。気になるところだらけですがリモコン操作でひと通り動作したので良しとします。調整のつもりが無可動状態になるのも悲しいのでしばらくこのまま楽しみたいと思います。

トラさん、こんにちは、コメントありがとうございます。

そうですか、99号まで行きましたか、無事ギミックの稼働、良かったですね。

自分は定期購読のため、まだ物は届きませんがトラさんのように無事稼働できたという報告は人ごとながらホっとしていると同時に自分のはどうなんだろうとハラハラしています。

いろいろ質問したいのですが、一番知りたいのは本当に100号で本体は完成するのでしょうか?まだ未送付のパーツが結構あるもんで心配です。

それと、アシェットでファントムとスバルWRCがラインナップされましたね、モデラーのこころをゆさぶる商売が上手いなぁ(笑)

おはようございます。100号でとりあえず完成ではないでしょうか。99号の次号予告には「アンテナ類、エッチングパーツの取り付け」となっており、黄色の車体(TOWトラクター)の他、給油口の蓋、100のシール×2など細かなパーツの写真が掲載されてます。
ギミック作動で完成と思ってましのでまだ届いていないパーツがあったとは知らずお恥ずかしい限りです。

トラさん、早速のお返事ありがとうございます。

そうですか、100号で終了のようですね、安心しました。結構未送付のパーツは最後の最後にまとめてなんて、忘れていたのでしょうか?

まぁアシェットらしいです。これでアシェットの束縛から解放されそうです。ヽ(´▽`)/

100号 受け取ってきました
ここに来て この作業は嫌がらせに近いなぁ

ダヤンさん、コメントありがとうございます。
まったく、嫌がらせとしか思えませんね!!(゚ロ゚屮)屮

怒り飛び越えてびっくりポンです。

ダヤンさんはギミックの稼働どうでしたか?

自分のはやはりダメダメでした。詳しくはこのブログのその58に書きますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その57:

« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その56 | トップページ | 戦艦大和製作記 その29 »

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31