« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その59 | トップページ | 戦艦大和製作記 その34 »

2016年12月25日 (日)

永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その60

Dscf4153_2


100号の制作続けます。

Dscf4185


待ちに待った空中給油のカバーがきましたが・・・・・・・

・・・・・・(;ω;)なんだ?このいい加減な出来の悪さは・・・手直ししないと取り付けできませんね

Dscf4184


しばらくこちらを付けて置きます。

Dscf4186


保管していた機首アンテナも取り付けなしたが、折れそうなのでまだしっかりと接着はしていません。

次に問題のキャノピーミラーとシートベルトの取り付けです。

Dscf4195

塗装はランナーから切り外す前にします。メタルプライマーを塗り、乾いたら塗装します。


Dscf4193


ミラーにはハセガワのミラーフィニッシュを貼ります。裏側はつや消しの黒を塗ります。


Dscf4194


Dscf4200

小さすぎて見えにくいのですが、取り付け部を90度に曲げました。


Dscf4197


キャノピーは開いた状態にしておくと簡単に引き抜けます。

Dscf4204

瞬間接着剤はキャノピーが白化してしまう恐れがあるので、乾いたら透明になる木工用ボンドを使います。


Dscf4205

塗装が乾いたらランナーから切り取り、パーツ番号別に分けて置きます。


Dscf4206

シートベルトの取り付け指示です。アシェットらしいとても不親切で簡単なインストですね (-_-X)

座席は取り外せないのですよ?(`◇´*)

Dscf4208

まずは後席から


Dscf4209


゚゚(´O`)°゚ひいひい・・・ピンセット総動員です。塗装の上からじゃ瞬間接着剤の付がわるーい!(汗)


Dscf4210

なんとか前席も取り付け完了です。剥がれた塗装をタッチアップします。


Dscf4211

キャノピーを差し込んで完了です。


Dscf4189

Dscf4214

ドロップタンクとミサイルを取り付けます。何回も言いますが、これ全ては付きませんのでこの中から選別です。

後は、機体をウェザリングで汚しまくって外見の完成です。


Dscf4212

ふぅ・・・( ̄Д ̄;;後は来年だね。

本年はこのつたないブログをご覧いただきありがとうございました。

皆さんよいお年をお迎えください。

   ・・・本日ここまで  ヽ(´▽`)/(*゚▽゚)ノ(◎´∀`)ノ

« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その59 | トップページ | 戦艦大和製作記 その34 »

F-14 TOMCAT 製作記 アシェット」カテゴリの記事

コメント

たかさん、こんにちは。
トムキャットが欲しかったので、アシェットのシリーズを全巻購入してあります。来年定年を迎えますので、そろそろ作り始めようかなと考えています。

たかさんのこちらの製作記をもとに作成して行くつもりですが、これから新規に作る場合の順序について、ココは絶対に先にした方が良いところや、逆に後回しにした方が良い所などありましたら、ご教授いただけないでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

TB2Iさん、こんにちは
自分はリアルタイムで製作していたので当時を思い出してもアシェットには憤慨しています。もう2度とアシェットには手を出さないつもりです。TB2Iさんは全巻持ってるということなので良いと思いますが、一度組んだところを後の号でふたたびバラして組み立てし直しのような反則が多々出てきます。それと不良パーツが良くありますので全巻持ってるいるならば一度パーツ及び組み立て内容を確認した方が良いと思います。その時に組み立て段取りを練り直しした方が良いと思います。電装関係のテスターが後の号で出てきますので赤外線関係、駆動モーターのテストは組む前にした方が良いと思います。配線の取り回しも無理があり、断線しやすいので要注意です。配線も本数が多いのでこれはどこの配線か分かるようにタグ付けをお勧めします。
後、塗装が厚く乗ってますのでそのままだと設置面に隙間が生じますので、設置面の塗装はなるべく剥がした方が良いと思います。

結局、私のtomcatはプリント基盤の不良らしく駆動部は全く動きません。パーツの合わせが酷いため接着剤でガチガチにしてしまったので今更バラして直す気力もうせてます。
これから製作されるTB2Iさんには辛い話しばかりして申し訳ありません。長くなりましたが私がアドバイスできることはこの程度です。すみません。頑張って下さい。

たかさん、
早速のアドバイスありがとうございます。
せっかくの大型キットですのに、駆動系が動かないとのこと、残念でしたね。

私にとって、アシェットの大型組み立てモデルは初めてですので、大変参考になります。不良部品が良くあるとのこと、パーツの合わせも良くないこともわかりました。

アシェットのサポートに、不良部品の交換サポート、動画の掲載などの期限を問い合わせております。

その上で、逆算して部品のチェックを行うことにいたします。

お忙しい中、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その60:

« 永遠なるドラ猫 F-14 TOMCAT その59 | トップページ | 戦艦大和製作記 その34 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29