« ドイツ88㎜砲 Flak 36 その7(牽引車編3) タミヤ1/35 | トップページ | ドイツ88㎜砲 Flak 36 その9(ジオラマ編2) タミヤ1/35 »

2020年8月29日 (土)

ドイツ88㎜砲 Flak 36 その8(ジオラマ編1) タミヤ1/35

これだけ充実した内容のキットなのでディスプレイはジオラマにしたいと思います。

Dscf7092

Dscf7093

まずはフィギュアの製作からこのキットには全部で9体のフィギュアが付いています。
すでにオートバイの伝令兵は別に作っておりますのでのこり8体です。
(バイク編はその1、その2をご覧ください)

Dscf7094
時間かかりました。フィギュアは苦手なんですよ。パーツは細かいし、腕、足の角度など配置位置の場所によってビミョーな調整が必要なんです。

いつもならワイヤーを足などに埋め込んで塗装するんですが位置の現物合わせのためプラ板で固定しての塗装です。

Dscf7095

牽引状態から設置状態に変更します。

Dscf7096

この砲は対空砲にも使われますので90度近くの角度になりますが、対空砲仕様になると設備や仕様も変わり名前もFlak 37と変わります。

今回は対地、戦車砲仕様としています。

Dscf7099

以前使っていたディスプレイケースが余っていましたのでこれを使います。

Dscf7098
スペースには限りがありますのでレイアウトには悩みます。

Dscf7100

Dscf7101
いい感じです。

   ・・・本日ここまで(#^.^#)

 

 

« ドイツ88㎜砲 Flak 36 その7(牽引車編3) タミヤ1/35 | トップページ | ドイツ88㎜砲 Flak 36 その9(ジオラマ編2) タミヤ1/35 »

プラモデル 戦車、ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ88㎜砲 Flak 36 その7(牽引車編3) タミヤ1/35 | トップページ | ドイツ88㎜砲 Flak 36 その9(ジオラマ編2) タミヤ1/35 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30