« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月29日 (水)

零式水上観測機11型 その5 ハセガワ1/48 

Dscf7792
前回、あまりにも翼が反っていて支柱に取り付けられない問題が発生しました。

ドライヤーを当てて少しづつ反りを直します。

Dscf7793

なんとか許容範囲まで修正しました。

Dscf7801

専用のエッチングパーツがとどきました。

Dscf7776_20220629162701

エッチングパーツ取り付け前

Dscf7802

エッチングパーツ取り付け後

もうちょっと早く届けばよかったのに・・・

なんとか取り付けられました。

Dscf7804

塗装の準備をします。

Dscf7805

サフェーサーを吹きます。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

零式水上観測機11型 その4 ハセガワ1/48 

胴体を接着

Dscf7780_20220629155001

しばらくこのまま放置

Dscf7769_20220629155001

あー失敗しました。指示書にはこの内部に20gの重りを入れるとありましたが忘れていました。

しっかり接着してしまってます。重りを入れないと重心が後ろにかたよってしまい尻もちをついてしまいます。

Dscf7784

釣り用の重りです。こいつを使います。

Dscf7785

幸いここに穴が開いています。ここからボンドを付けた重りを指定位置まで滑り込ませます。

Dscf7781

下翼を取り付けます。

Dscf7786

船に仮り取り付け。重りが効いています。バランスはオッケー!(^_^.)

Dscf7782

上翼を仮り付け、ここで問題発生両翼端が反り返っているせいで支柱が浮いてしまいます。

Dscf7783

結構な隙間が開いてしまいます。さあどうしましょう?

(ーー゛)考え中・・・

Dscf7791

とりあえず爆弾つくりました。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

2022年6月19日 (日)

零式水上観測機11型 その3 ハセガワ1/48

今日はコクピットまわりを作ります。

Dscf7772
機種の7.7㎜機銃ユニット塗装済

Dscf7773

コクピット内の側面部分塗装済

Dscf7774

操縦桿とフラップペダル塗装済

Dscf7775

Dscf7776

座席と計器類をつけて操縦席の完成

Dscf7777

後席の製作

Dscf7778

この側面を取り付ければコクピットは完成ですが苦労して作った内部はほとんど見えなくなります(^_^.)

Dscf7779

これを機体に挟み込むようにしてコクピットになります。

Dscf7771

プロペラ、スピナーなども塗装しました。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

2022年6月16日 (木)

零式水上観測機11型 その2 ハセガワ1/48

本体製作です。

Dscf7764

まずは機体下の大きな船から

Dscf7769

前回作った台車に乗せるとこうなります。

Dscf7768

翼下に付く小さな船

Dscf7766
主翼、複葉機なので当然2枚あります。

Dscf7767

水平尾翼が出来ました。ここらへんはただ貼り付けるだけなので簡単です。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

零式水上観測機11型 その1 ハセガワ1/48

皆さん「紫電改のマキ」って漫画しっていますか?ガールズ&パンサーや艦これなど結構有名が「紫電改のマキ」も同じような女子高校生が大戦機を乗り回す漫画です。でも私はオジサンなんでガールズなんちゃらとか艦隊なんちゃらとかガンダムとかあまり詳しいことはわかりません。

もちろん「紫電改のマキ」も

しかしここに登場する零観がかっこいいなーと思いAmazonで探したらハセガワから出ていましたが、限定販売らしく高額です。

それならばと以前購入していた同じハセガワの零観を作りましょう。機体色を変えて作りましょう。そうしましょう。

Dscf7760

それでは製作開始です。

Dscf7761

箱絵で解るとおりこの飛行機は水上機なので着地体制が取れません。

まずは専用台車より作ります。

Dscf7762

零観専用の台車です。

Dscf7763

塗装して完成

   ・・・本日ここまで(^_^.)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28