« 局地戦闘機 震電 その5 ハセガワ1/48 | トップページ | 局地戦闘機 震電 その7 ハセガワ1/48 »

2022年9月25日 (日)

局地戦闘機 震電 その6 ハセガワ1/48

さて、飛行状態にするにあたって引き込み脚の格納扉の加工をしていきます。

Dscf7959

まずは前脚から。

脚を出した状態でも格納扉は開いた状態で取り付けますのでそのまま格納庫に蓋をするように接着すればよいはずですが

綺麗に合いません・・(ー_ー)!!

タミヤの零戦などはぴったり合うのになぁ。ハセガワの飛行機モデルは一目おいていたのになぁ。

Dscf7960

削り込んでそれらしく・・・

Dscf7961

マグネットでスタンドに取り付ける予定なので機体内部に鉄製ワッシャーを仕込みます。

カットして入れようと思いましたがそのまま入りそうです。

Dscf7962

格納扉の内側をフラットにしてワッシャーを接着していきます。

Dscf7963

ここでまた問題発生です。脚側と主翼側の扉が合わず隙間が開いてしまいます。これはみっともない。

どうしようか迷いますね。

Dscf7964

とりあえず裏面にワッシャーを張り付けて

Dscf7966

パテで埋めました。固まったらそれらしく整形します。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

« 局地戦闘機 震電 その5 ハセガワ1/48 | トップページ | 局地戦闘機 震電 その7 ハセガワ1/48 »

プラモデル 飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 局地戦闘機 震電 その5 ハセガワ1/48 | トップページ | 局地戦闘機 震電 その7 ハセガワ1/48 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31