カテゴリー「プラモデル 飛行機」の68件の記事

2022年10月 7日 (金)

局地戦闘機 震電 完成 ハセガワ1/48

震電 完成しました。今回は飛行状態を製作、パイロットは付属していませんでしたのでジャンクから探し操縦姿勢の改造をしています。それではご覧ください。

Imgp4091

プロペラは固定接着していませんので風で回ります。ドライヤーの風を使いプロペラを動かしています。

飛んでるように見えませんか?

Imgp4092

Imgp4093

Imgp4095 

Imgp4096

Imgp4097

Imgp4099

Imgp4104 

Imgp4107

以上、局地戦闘機 『震電』 ハセガワ でした。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

局地戦闘機 震電 その9 ハセガワ1/48

Dscf7982

アンテナ支柱取り付け。機体下部にアンテナが付きます。

Dscf7983

見にくいですがアンテナ線張りました。ミシン糸を使っています。

Dscf7984

さぁドキドキのコクピットのマスキングを剥がします。塗料の流れ込みはないようです。成功ですね。

Dscf7985

プロペラを付けて完成です。

ウェザリングも軽くしました。試作機として2~3回の試験飛行のみなので新品です。

Dscf7986

スタンドに乗せました。完成です。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

次回完成撮影です。

 

 

2022年10月 2日 (日)

局地戦闘機 震電 その8 ハセガワ1/48

Dscf7977

機体の塗装です。乾燥後軽くペーパーわ掛けて退色表現をします。

Dscf7978

デカールと識別帯を塗装します。

翼端の信号燈を塗装

Dscf7979

右側は赤

Dscf7980

左は青、ピトー管の塗装

Dscf7981

30ミリ機関砲の取り付け、2門だけ真鍮パイプを使ったディテールアップしています。

ほとんど完成しました。仕上げにはいります。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

 

 

局地戦闘機 震電 その7 ハセガワ1/48

この機体プロペラが付くとほとんどエンジン内部は見えませんが

Dscf7967

こんな感じの素がありました。

Dscf7968

ここにも2か所結構深い穴です。パテで埋めます。

Dscf7969

パテ埋めしている間に他のパールを整形します。結構バリなんかひどい(ーー゛)

Dscf7972

脚の格納扉を閉じます。多少の隙間は我慢します。

Dscf7973

サフをふきました。

Dscf7974

プロペラの塗装です。ペラの先端に色が入ります。

Dscf7975

サフの表面をペーパーで均します。

Dscf7976

プロペラの塗装完了

機体の塗装に入ります。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

2022年9月25日 (日)

局地戦闘機 震電 その6 ハセガワ1/48

さて、飛行状態にするにあたって引き込み脚の格納扉の加工をしていきます。

Dscf7959

まずは前脚から。

脚を出した状態でも格納扉は開いた状態で取り付けますのでそのまま格納庫に蓋をするように接着すればよいはずですが

綺麗に合いません・・(ー_ー)!!

タミヤの零戦などはぴったり合うのになぁ。ハセガワの飛行機モデルは一目おいていたのになぁ。

Dscf7960

削り込んでそれらしく・・・

Dscf7961

マグネットでスタンドに取り付ける予定なので機体内部に鉄製ワッシャーを仕込みます。

カットして入れようと思いましたがそのまま入りそうです。

Dscf7962

格納扉の内側をフラットにしてワッシャーを接着していきます。

Dscf7963

ここでまた問題発生です。脚側と主翼側の扉が合わず隙間が開いてしまいます。これはみっともない。

どうしようか迷いますね。

Dscf7964

とりあえず裏面にワッシャーを張り付けて

Dscf7966

パテで埋めました。固まったらそれらしく整形します。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

局地戦闘機 震電 その5 ハセガワ1/48

Dscf7953

主翼、機首の作り込み

Dscf7954

照準器がなんだかなぁ~かなり省略されてるな

Dscf7955

コクピット内の塗装

Dscf7956

照準器が簡素化されていましたのでちょっと手を加えてあります。

ジャンクパーツから拾ったパイロットも違和感ありませんね。

Dscf7957

キャノピーを被せていきます。この時窓枠のマスキングをしていきます。

Dscf7958

少しでも隙間があるとそこから塗料が入り込みますのでサンドペーパーで均し合わせはしっかり確認します。

    ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

 

2022年9月21日 (水)

局地戦闘機 震電 その4 ハセガワ1/48

リベットが省略されているようなので打ちます。

Dscf7948

これがなかなか大変なんです。曲がらないようにパネルに沿って打ちます。

Dscf7949_20220921150701

前回製作したコクピットを

Dscf7950

機体に挟んで接着します。

Dscf7951

主翼の接着

Dscf7952

いろいろ隙間が出るんだよなぁ、パテで埋めるか・・・(ーー゛)

Dscf7971

直立パイロットも塗装しました。

 

   ・・・本日ここまで(^_^.)

局地戦闘機 震電 その3 ハセガワ1/48

Dscf7940

お約束通りまずはコクピットを作って機体にサンドイッチします。

さすが高々度専用の戦闘機、パイロット用に酸素ボンベが大量です。

Dscf7941

飛行状態を作るつもりですからパイロットは必須です。

ですがこのキットには直立のフィギュアしか付属していませんでした。大量のジャンクからパイロットを探し出しました。

ほんとは酸素マスクしてるパイロットが欲しかったのですがこれで妥協します。

Dscf7942

正面むいているのも動きが足りないなぁと思い思い切って首からカット、顔を斜め横に向けて位置決め。隙間をパテで埋めて自然な体勢に改造しました。

Dscf7943

Dscf7944

試作機という体なのかコクピットはあっさりしてます。それともハセガワさんの大人の事情かな?

Dscf7945

メーター類も細かい指示は無しなので適当です。まぁ見えなくなるし・・・

Dscf7946

左がキット付属、右が今回改造したフィギュア。塗装します。フィギュアの塗装苦手なんです。

Dscf7949

着座できました。よかった(^_^)v

   

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

局地戦闘機 震電 その2 ハセガワ1/48

さて、飛行状態ディスプレイに挑戦するのですからこんなのポチりました。

Dscf7935

フィギュアスタンド、3個セットで500円ぐらい

Dscf7936
飛行機用スタンドなどはありますが、震電は機体が小さくこれで十分支えられると判断し決めましたが実物見るまでドキドキしました。
(ーー゛)

Dscf7938
あとこれ、ダイソーの強力マグネット(小粒)これでスタンドに固定予定

Dscf7937

仮り組みしてディスプレイ方法を考えます。

Dscf7939

よし!これでいこう!(^'^)

さあ本格的に加工スタートです。

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

2022年9月15日 (木)

局地戦闘機 震電 その1 ハセガワ1/48

Dscf7932

ハセガワの震電作ります。箱絵かっこいいです。

ハセガワの飛行機の箱絵かっこいいのばっかりですな!

なぜこれを?・・・

最近 福岡県にある『大刀洗(たちあらい)平和記念館』にこの震電の実物大模型か展示されました。

2022年7月6日より一般公開

この珍しい形の飛行機をもっと知りたい方は各自調べてください。ここでは割愛します。

Dscf7970 
完成参考写真

Oip 
実物写真

と見比べてもそのままですね。いいキットです。ですが自分は箱絵のような飛行状態の機体がほしい!

さて、製作にあたりYouTubeなどで他のモデラーさんたちの製作を参考に閲覧しましたが飛行状態を作っている人がいない。

(自分の見る限り)このキットのインスタも上の画像のような着地状態しか選択が無い。これは作るしかないのか?

震電って素晴らしい機体デザインですが私はどうもこの前脚が嫌いで長くて細くて貧弱で・・・

飛行状態やってみましょうか。

キットの中身

Dscf7933

パーツ数はそれほど多くはありません。

Dscf7934

あーー凸モールドです。なんかガッガリだよ(T_T)

   ・・・本日ここまで(^_^.)

 

 

 

より以前の記事一覧

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28